輝く瞳を持つ子、意欲のある子、表現力のある子、思いやりのある子を育てる学校法人千里丘学園幼稚園

音感教育

木下式音感教育法を取り入れた保育をしています

木下式音感教育法は、木下達也先生が独自で考案され、「耳の発達は6歳までに育ち、その時期に親しみの持てる幼稚園の担任から、音感の指導を受ける事が望ましく、成長発達のふさわしい時期に、正しい音の高さ、音色、大きさを聴き分ける指導を受ける事が子ども達にとって好ましい。」という音感教育法です。

可愛い「音感かるた」や5色の「カラー五線」の教材は、遊びの要素が多く含まれており、これらを保育の中で使うことにより、聴覚だけでなく、視覚にも刺激を与え、自然に身についていく指導法となっています。

その中には姿勢を整える事、待つ事なども繰り返されることから、自然にお行儀も良くなり、持続力、集中力も身に付ける事ができます。

この教育法を受けた子ども達の歌声は、力強く、透き通る声で、「幼稚園児でもこんなに綺麗な声で唄うんですね。」と、驚かれる程です。子ども達の可能性は未知です。一人一人の可能性を大切にし、日々の保育に取り組んでいます。

「木下式音感教育法・三期講習会」において指導を受ける当園の教諭

木下式音感教育 講習会の様子1 木下式音感教育 講習会の様子2 木下式音感教育 講習会の様子3

当園では、年3回、東京にて開催される「木下式音感教育法・三期講習会(7月・12月・3月開催)」に教諭を派遣し、園児がより良い教育を受けられるよう研鑽に励んでいます。

担任教諭による指導風景

音感指導は毎日の保育の中で、少しずつ、コツコツと積み重ねています。

音感指導の様子1 音感指導の様子2 音感指導の様子3

音感かるたはみんな大好き。かるたで口の開け方を覚えます。正しい口の形で綺麗な声が出ます。

音感指導の様子4 音感指導の様子5 音感指導の様子6

姿勢を整えて歌ったり、音符を読んだり書いたりします。

木下音感協会主催の「東京合同音楽祭」に参加し、成果を発表していました

東京合同音楽祭
木下式音感教育法・東京合同音楽祭
(写真:スカイフォト株式会社)
PAGE TOP▲