とじる
 
↑アルバム表紙へ
2019年1月
1月の2歳児ひよこクラブの子ども達
 ページ→ 1 
←戻る  次へ→

●休み明けの子ども達、自由遊びの中でお正月遊びをしました。
日本古来からの伝統遊びですが、最近、各家庭ではあまり遊ばなくなっているようです。
ひよこクラブでは、遊び方を少し変えて楽しんでいます。それぞれの遊びには、由来があるようですよ。
【福笑い】
「笑う門には福来る」とあるように、新年早々笑いがこぼれるのがめでたいということから、
江戸時代から正月の遊びとして親しまれていました。
写真は、福笑い、 こま回し、羽子板、ひも通し。

●【凧揚げ】
願い事を凧に乗せて天まで届けるという意味も込められているそうですよ。
自分で作った凧を、園庭で飛ばして遊びました。寒い中でも元気に走っていました。

●体育遊びでは、サーキットを楽しみました。
平均台や跳び箱からのジャンプ、マットでハイハイ等、何度も繰り返して行いました。

●サーキットを楽しんで回ることで、跳び箱から飛び降りたり、平均台の上をバランスを取りながら歩いたり、
マットの上をハイハイしたりすることで、遊びながら色々な動きを経験する事で、基本的な運動能力が身についてきます。
繰り返し何度でも楽しんで遊びながら、いつの間にかできる事が増えているかもしれませんね。

↑ ページトップへ