輝く瞳を持つ子、意欲のある子、表現力のある子、思いやりのある子を育てる学校法人千里丘学園幼稚園

教育理念

教育目標

かがやく瞳

千里丘の地で未来ある幼な子が、生き生きと育ち伸びていくことを願い、古い歴史を守りながら、教育基本法および学校教育法に基づき、真の教育を問いつづける。

園庭を元気に走る園児

教育方針

心身共にたくましく自分の思いが素直に表現できる子どもに

  • ・健康で安全な生活に必要な習慣や態度を身につける。
  • ・感性豊かで意欲や創造性を培い表現力を豊かにする。
  • ・友達を大切にし、思いやりの心を育てる。
砂場で遊ぶ園児

教育の特色

当園では木下式音感教育法を40年ほど前から取り入れ指導しています。

音や音楽など耳からの刺激に対する感覚が非常に伸びる時期であるため、音を正しく聴き分ける感覚を育て、より豊かな生活が送れるように「 意欲・意気込み・意識・集中力・忍耐力・協調性 」を養う木下式音感教育法を重視しています。

1年のまとめとして、「東京合同音楽祭会」に参加し歌うことの楽しさを味わうとともに、大舞台を経験する事で、自信がつき情緒の安定にもつながります。と、同時に豊かな表現力の育成や将来の発育の大きな基礎となります。

また、年間を通し、身近に自然と触れ合える環境を整えています。
花壇に花を植え四季の移り変わりを感じ、畑で野菜を育て収穫する楽しさを経験し、飼育動物の世話を通して思いやりの心を育んでいます。

子ども達にとって自然は先生。五感を通して遊び、学べる環境つくりを大切にしています。

歌をうたう園児 東京合同音楽祭の様子
木下式音感教育法・東京合同音楽祭
(写真:スカイフォト株式会社)
PAGE TOP▲